エンベディッドブロックチェーンで
新たな価値創造

株式会社ニューロンフォースは、ブロックチェーンの分散処理技術に注目しエンベディッドブロックチェーンを確立することを最大のミッションとしています。

エンベディッドブロックチェーンとは、複合CPUやROMといったハードウェアチップに組み込み可能な極めてコンパクトなブロックチェーンであり、自動販売機や監視カメラなどを簡単にブロックチェーンノード化することができます。

また、近未来においてはこれを分散型AIに応用していきたいと考えています。

ハードウェア化された一つのブロックチェーンノードが複数結合されることにより、集合体として巨大なAIシステムが実現いたします。

個々のハードウェア化されたブロックチェーンノードは例えて言えば一つの脳細胞です、一つの脳細胞が複数結合して互いに情報を伝達共有すれば脳と同じ構造体を成すことになります。

これが「ニューロンフォース」という社名の由来です。

お知らせ

ブロックチェーン研究開発事業を始動します 2020.09.01
2020年9月1日株式会社ニューロンフォースは、ブロックチェーンの研究開発を目的に2020年7月29日に設立いたしま...続きはこちら»

ページトップへ